突発名刺の作り方


コスプレイヤーさんに、作家さんに、Twitterの友人に…
人に出会う時、ご挨拶用の同人名刺デザインはあるけど印刷が出来ない!!

そんな時に、自宅にスキャナやプリンタがなくても、コンビニのマルチメディアプリントを使って突貫名刺を作りましょう。
写真プリントで厚手の紙に綺麗に印刷できるので、急ぎの時に最適です。

渡せないものがないよりずっとマシです。
名刺は自分の顔そのものです。

急ごしらえでもいいからまずは1枚!今すぐに作りたい!という方のための解説です。

突貫名刺は普通の名刺とは違うので注意事項を



・写真Lサイズから2枚取れますが、ご自身でカッター(またはハサミ)で裁断してください。

・仕上がりは標準的な名刺サイズの幅よりも若干小さくなります。
 一般的に広く流通している名刺の幅は91mmですが、突貫名刺の幅は写真Lサイズと同じ89mmで、3mm小さくなります。

・突貫名刺なので、1枚あたりの単価がコンビニ価格で高価です。
 2・3枚だけ名刺が手元に用意できれば、というお急ぎ価格と捉えてください。

・裏印刷は出来ません。

・写真プリントなので、表面がテカテカします。

用意するもの



・名刺のデータ
 写真Lサイズに合わせて加工しておきましょう。
 印刷でフチが切れる(後述)ので、上下はぴったり合わせずに真ん中に配置したほうが幸せになれると思います。
 スマホの名刺作成アプリなども、印刷に耐えうる解像度があれば有効なようです。
 スクショでも案外いけるかも?

名刺完成イメージ


・カッターとカッターマット
 印刷した名刺を裁断します。もっと急ぎたい場合はハサミでもよいでしょう。

作り方



作成した画像はUSBフラッシュメモリやスマホに保存し、マルチメディアコピー機にデータを取り込みます。

この時、パソコンでデータを作成している作家さんに注意!

・必ずRGBモードで!
 CMYKモードで作成すると、.jpgファイルでも読み込めません。

・ネットプリント対応拡張子(例:.jpg、.png、.tiff、.pdfなどなど)で!
 .psdファイルはマルチメディアプリントでは読み込めません。
 (各マルチメディアプリントの対応拡張子は事前に確かめてくださいね)
 クセで.psdファイルをこしらえてしまう人がいると思うのでご注意ください。(私がやりました)

セブンイレブンのマルチコピー機では、スマホに保存したデータでも通信すれば使用できるようです。
専用のアプリをインストールする必要があるようですが、私は試していません、すみません…。

コピー機の画面に従って進んでいき、写真プリントを選択し、画像を選んだらそのままプリントアウトです。

名刺を裁断する


完成したらカッターで裁断します。

名刺ってどんな内容を含めたらいい?



TwitterなどのSNSで繋がっている場合&繋がりたい場合、QRコードを無料で作成できるwebサイトがあるので、そこでTwitterアカウントのQRコードを作って名刺に入れたりします。

テキストで名刺に記載したりするのも有効なんですが、今はスマホの時代なので相手に手打ちさせるのは手を煩わせそうだと思い、出来る限りQRコードに変換してしまいます。
(iPhoneの方はQRコード読み込みアプリをインストールしてね!って感じです)

突貫名刺の注意事項



Photoshopで作成した名刺をマルチコピー機で印刷しましたが、フチがガッツリ欠けました。

元画像を引き伸ばして、フチが出ないように印刷しているようです。
3mmくらい余白を空けても文字が欠けたので、名刺内に必ず収めたい文字は、フチから4〜5mmくらいは余裕を見たほうがよさそうです。

最後に



名刺はもちろん、時間にゆとりを持って印刷所に発注するのが吉です。

でも、想定していない入り用が発生することもあるので、そういう時だけに突貫名刺を作るようにしましょう。
使いたい都度作っていると、価格が想定外に膨れ上がってしまう可能性があります。

名刺交換で楽しい同人ライフを♪

スポンサードリンク